冬季オリンピック で聴く オペラ

  冬季オリンピックのたびに、よく聴かれるこの曲。フィギュアスケートのおかげですね。今回の宇野昌磨、トリノの荒川静香で使われたことでも人気を広げています。オリンピックのたびにレコード店でのCD、DVDの注文も増えるのだとか...

 

  私は、いつも使われているこのオペラの冒頭部分と、カリフのアリア「誰も寝てはならぬ」もさることながら、プッチーニがこのオペラ作曲中、途中で亡くなる寸前、最後の力で作り上げたリューの死の場面、そしてその少し前の場面、リューとカリフとのかけあい「お聴き下さい王子様」「泣くなリュー」が好きです。

 20世紀を代表するイタリアオペラとドイツオペラの象徴的女神、ソプラノのマリア・カラスとシュワルツコップが唯一共演しているレコードも、このトーランドットだったと記憶しています。クラシックのマニアからは「映画音楽」と軽口たたかれたプッチーニが実は現代音楽に造詣が深く、素晴らしいモダンな和音使いだったことを知る歌劇でもあります。

 1988年カルガリーオリンピックの女子シングルでは「カルメン」対決と呼ばれ、東ドイツのカタリナ・ヴィットとアメリカのデビ・トーマスが同じオペラで金メダルを争いました。

1988 カルガリー五輪 フィギュアスケート フリースケーティング  
カタリーナ・ビット 「カルメン」(「YouTubeで見る」 を選んでください)

 以前は、プッチーニの「トスカ」が流行った時期もあります。そういうと、羽生の曲「陰陽師」ですが、今日と翌週土曜日とBS放送で映画をやってました。こういう音楽の掛け合いも面白いところです。

 「誰も寝てはならぬ」ヒロイックな黄金のトランペットと言われたデル・モナコの声はいかがでしょうか。

 「泣くなリュー」も上げておきます。こちらはやや甘口にプラシド・ドミンゴで。
このカリフの当たり役は同じ3大テノールの1人だった、極甘の声 故ルチアーノ・パバロッティなのですが。

0コメント

  • 1000 / 1000

コウベライフの雑記帳

以前からある「コウベライフ」 http://ktokuri.exblog.jp/ は街グルメ&街歩きなので、 もっと雑然としたことを書いてみようかと思ってます。