ktokuri

神戸に住み、街歩きが趣味で、いつもぶらぶら

記事一覧(128)

スーパーストリングスコーベの第2回のコンサート

 昨夜は神戸駅南側の松方ホールでのスーパーストリングスコーベの演奏会に出かけました。前回、このオケの演奏会を聴いたのは、昨年の12月。それからすでに8ヶ月がたちました。この年末まで待たないと...と思っていた彼らの演奏が、この夏に聴けたというのはとてもうれしい出来事でした。 全てのメンバーが一流のソリストを目指していると言ってもいいような、素晴らしい経歴を持つメンバーがストリングスを編成してコンサートを開く。弦楽器だけで、管楽器や打楽器がないのにどうなんだろうかと思う人も多いと思いますが、以前から全国で活躍しているスーパーキッズ・オーケストラ同様、弦楽器集団ならではの、しなやかで優美、希有なサウンドが聴けます。しかもずっと熟成した音楽で。 昔、私たちが若い頃、「最近の若い人たちは...」という言葉を良く聞きましたが(この言葉なら時代からあったという説もありますが)、この夜の若者たちにはとてもそんなことは言えません。溌剌と舞台に立ち、生き生きとした瑞々しい演奏を奏でる。芸術を、音楽を誇りの文化として大事に受け継いでいっている、その姿勢が舞台からの空気で感じられ、まず感銘を受けました。そして、この夜来た人たちを楽しませ、来て良かったと思わせる出会いを作ろうとするエンターテイメント性。これもまた印象的でした。リーダー役と言ってもいい、立上舞さん、林周雅くんをはじめとするメンバーの皆さんの素晴らしい語り口、振る舞いも、普通の演奏会にはない魅力で、皆さんの舞台姿に感心しました。それを盛りたてようとする、集まった聴衆の皆さんも、若い人たちと一つになって音楽を楽しむ雰囲気がすぐ出来上がって、なんともこの夜の雰囲気は他の場とは比べがたいものがありました。 音楽も楽しめました。ヴィヴァルディの「四季」のハイライト4曲は、躍動感があって、それぞれのトップ奏者の音楽性の違いも味わえて、生きていく力を聴衆がもらうような若さもありました。アルゼンチンの作曲家ビアソラの色彩感のある難解な曲、マイケル・ジャクソンの多面的でクラシックとは別の魅力のある音楽、それぞれ個性がありました。ミュージカルとの絡み、聴衆とのコーラスのコラボ、私の好きな「情熱大陸」の音楽や音楽の重みを示すレスピーギの曲。アンコールの2曲では海の見える街神戸にちなんだ曲も披露してくれました。 今年は地震、大雨、猛暑と散々な夏でしたが、元気が出ましたね。また年末にぜひお会いしたいです。

ネットでの書きもの 最近使っているツール

 少しの間、日々書こうと思っていたブログの更新が止まってしまっています。 これは、どこからか私が仕事の手が少し空いて暇だ(実際に事実だが(笑))という話が流れていたようで、以前の仕事の関係や出身の二つの大学の人間関係で頼まれた雑文の原稿依頼がそれぞれ幾つかあって、自由になる時間が減ったというか、頭を使って何か考えるエネルギーがそっちに行ってしまったことが、原因になっています。単なるワインの飲み過ぎもありますが(苦笑)。  そんな雑文も、ちゃんと書こうとすると結構大変です。少しずつ細かい時間に書き貯めるのは苦手な性分なのですが、父親の体調が悪いのでその関係の調整とか、暇と聞いて訪ねてきてくれる友人達もいて、まとまった時間は週末にもかなりとりにくい。そんなことで、今まで使っていたWindows用の秀丸エディタでの書き込みをやめて、他のツールを使うようになりました。 「書きものツール」選びで最初に考えたのは、「日頃の環境のどの場面でも続きが書ける」ということです。私の時間の中では、自宅や職場のWindows PC。電車や外出先の喫茶店そして交通機関で使うiPad Pro。良く寄る友人宅のMac。寝床で録画したビデオを家庭内WifiでAndroidミニタブレットで観ているのですが、これを流用して思いついたことを寝転がっていても音声入力でそれを入れられる環境。場合によってはiPhone。これらすべての時に作業中の原稿にすぐアクセスできるのが条件。いつも旅行鞄に入れているポメラや、かって使っていたモバイルギアは最初から想定外。 結局、この条件を満たすのは、ネットに依存するものの、Google Keep、あるいは最近Webアプリで使っているScrapBoxなら...ということになりました。無理すれば似たことはクラウドにデータを置いて、エディタで触る組み合わせでもできますが、すべての条件で共通するインターフェースにならないことと、書きかけが、常に即保存されている状態にならないので、スムースさがまるで違います。結局この二つに集約されます。

京都、そして大和路へ

 多忙な仕事から少し解放されて、ややゆったりな仕事に替わったことで、週末に時間の余裕が出てきました。今まで、仕事でバタバタしていた土・日曜日、祝日が自宅ではぽつんと1人。それで外出することが多くなりました。 このところ毎週のように京都や奈良に出かけています。気分転換で自分の生活圏から離れたい、しかもできたら時間感覚としても、現在の生活感と断絶する(現代と違う歴史的な風情に染まる)ようなところでゆっくりしたい、そんな思いなるのでしょう。また、どこかに行くとすると、動機づけをパターン化できる、ターゲットとなるスポットがある方が行きやすいというのもあります。例えば伏見稲荷に行って紅い鳥居をドッサリ観るとか、しゃくなげが咲いてるお寺に行きたいとか。遠くもいいのですが、コストがかかります。時にはポツリと赤穂とか、篠山とか、彦根とかいっていますが(別にお城巡りではありません(笑))、稀にしか行かないところも面白いには違いありませんが、頻繁に行くところでも、生活圏で無ければ心に余裕が出ることで、季節や天候、時刻が違うと日々新たな面白さがあります。そういう意味では、仕事の圏内だった神戸、大阪以外のところ、京都、奈良がお手頃なのです。 今年の事情としては、東京の友人が仕事を辞めて京都に住みたい...というマンション探しのお手伝いがこれからあります。1年かけて探すとか言っているので、ちょうどいいかもしれません。手伝い賃で交通費を奢ってくれますので(笑)